私の友人の話です。

2012-09-10

会社の先輩で、面倒見がよく私を含め後輩から人気がありました。
私もよく飲みに連れて行ってもらったり、仕事のグチを聞いてもらったり、恋愛の相談にのってもらってり、本当にお世話になった先輩でした。

先輩は職場結婚を機に仕事を退職し、その数年後、私も同じ様結婚退職しました。
なかなか会う機会も少なくなっていきましたが、メールなどの連絡を取り続けていました。
お互い、元気に主婦として家事・子育てに頑張っていましたが、それは突然の出来事でした。

数年前に自宅で倒れ、脳出血とのことで入院。
入院後、口から食べれなくなり、胃ろうというものを手術で作ったそうです。
そこから、食事に代わる栄養剤を朝・昼・夕入れる状態に。ほとんど、寝たきりで手足は少し動く程度。
言葉は言うことができず、反応もほとんどないそうです。

倒れる前までは、本当にごくごく普通の生活をしていたのにです。
それまで、大きな病気にもかかったことはなかったそうです。
突然、そんなことになり旦那さんはもちもん、お子さんたちも混乱してしまったそうです。
私も本当にびっくりしました。

今は、旦那さんもお子さんも、現状を受け入れ、前向きに元気に生活されているそうです。
すごいですよね。
まだ、病院に入院中していますが、状態は安定していて健康状態にも問題はないそうです。

この件で思ったのは、本当に人生は何が起きるか分からないんだなぁ、と。
日々、健康に気を付けて、楽しく過ごそうと思います。
今度の休みで、お見舞いに行く予定です。