限りある資源を大切にする思いからマンションに太陽光発電を設置

2013-07-07

マンションで太陽光発電をするとなると、その電気代で共用部分の電気にあてがうことで、マンションの住民全体にその恩恵を享受することができる。
また、共用部分の電気代がすべて賄えるわけではありませんが、太陽光発電を行うことでそこそこの電気代のコストを抑えることが出来るようです。

ただし、ここで問題なのはこの太陽光発電の設置についてです。
新設のマンションでもともとの計画で設置されていれば、住民に太陽光発電による理解は得られやすいというか、あることを前提として居住いただけるので問題はないでしょう。

これが、既存のマンションに設置するとなると話はなかなかまとまらないでしょう。
もっと国民性で自然エネルギーの有効活用を強く意識されており、設置するにおいても低コストでというようなことがあれば大変スムーズに話はまとまると思うのですが、実際のところ設置コストは決して安くないです。

また、季節によって日照時間や日差しの違いから新たに設置するほどのものか考えるところが多いようです。
そのため、マンションに太陽光発電というのが注目を浴びており、着々とその設置件数増えているようではございますが、既存のマンションにというのはなかなか難しいようです。