漢方とサプリメントの違い

2012-12-28

 

病気などにかかってしまった場合漢方薬で治療するという方も多いのではないでしょうか。

漢方は国内でも昔から使用され続けているので世間からの認知度というのは高いことでしょう。

しかし、最近は健康を保つためにサプリメントを

使用する方というのも増えてきているようです。

サプリメントの多くはソファで横になりながら

使用できるなど利便性に優れたものばかりです。

手軽に使用できるため世間からの評判も高まってきています。

漢方とサプリメント、見た目も名前も全く異なるものですが

同じものとして見てしまう方というのも多いようです。

確かにどちらも体の健康に良い薬(食品)ですから。

また、どちらもスーパーや専門のお店で販売されているなど多くの共通点があることで

二つを混同してしまう方というのが増えてしまっているのかもしれません。

勿論決定的な違いもあります。

例えば漢方はあくまで薬であるということ。

漢方は主に植物などを原料としています。

植物などに含まれた薬効成分によって様々な症状を治療させることができるのです。

一方サプリメントというのは薬ではなく食品として扱われます。

健康を維持する効果はありますが、漢方のように特定の病気や

症状を緩和させる効果というのはありません。

漢方とサプリメント、混同される方も多いようですがこれらを見ていくと

全く別物であるということが分かるでしょう。