焦らずゆっくり気長にです

2012-10-26

中医学では漢方が取り入れられていますね。

でも、もともと漢方医学は日本が発祥なのです。

江戸時代に漢方医学の成果を中国が学び中医学の成長の糧となったのです。

中国では中医学は伝統医学として行われています。

日本では漢方より西洋医学の方がお馴染みな方も多いのでは。

確かに、病院での処方薬は西洋医学のものが多いですからね。

古来より日本人は漢方をしていたのですから

改めて考えると漢方もいいのでは。

実際に私が風邪にかかった時、その医院では漢方薬の処方もありました。

説明では風邪薬といっしょに服用するといいとかで。

私は薬の知識がないですが医師がそう言うのだから間違いないだろうと抵抗なく服用しました。

ちゃんと治りましたよ。

漢方を用いたサプリメントやお茶なども身近にもあることを感じていますか。

知らず知らずにふれていることもあるのです。

私は便秘改善のために、漢方を用いたお茶を毎日、飲んでいます。

体の老廃物を排出しないと体に悪いのはもちろんのこと、お肌にも悪いので。

ぽっこりおなかも気になっているのでゆっくりじっくりと使用しています。

そうすればバニーガールの様なスタイルも夢ではないかも。

との期待に胸をふくらませながら今日も飲んでいます。