banner

中医学から学ぶ健康哲学

banner 中医学では、バランスが大事です。陰陽バランスなども聞いた事があるかと思います。【陰陽五行説】とも言われていますが、哲学的な考え方で私も完全に理解が出来ているわけではありませんので、みなさんも感覚的にご理解をください。 例えばですが、太陽と月・火と水といった自然現象の対立関係として考えられたのが【陰陽】という考え方で、昔の人は生活要素である木・火・土・金・水がいっしょになり【五行説】が生まれてくっついたのがそうなのです。 中医学では陰陽のバランスが崩れたとしてみる事で、陰陽のバランスを治すことで病気を治すということをしてきました。だから、陰に過ぎている場合は陽の処方薬を、陽に過ぎている場合は陰の薬を処方するといったことをしてきたのです。 例えば、夏から冬にかけて風邪をひいたことがあると思いますが、中医学的には熱い夏に体の中に熱い気を取り込んだままで、そのまま冬に突入をすると外からの寒い気と体の中の熱い気がぶつかり風邪をひくという言い方もします。ちょっと哲学的ではありますがね・・・。 だから、その場合は秋のうちに暑い気を出してしまわないといけないので、便秘改善のお茶を飲んだりサプリメントを飲んだりして尿や便として出すことが大事だそうです。 だから、人間はしっかり食べてしっかり排出をしないと体に悪い気が溜まり病気になるのです。食べたら出すもバランスですからね♪ 五行説では、火と水は食べる事に必要。金と木は日々の生活や仕事の中で必要。土は万物が生存するために必要と昔の人々は考え、そこに生きるためのエネルギーとなる気を食えて物や事を説明しているのです。これらをお互いに生じあい制約をする関係で、たえず変化する事で五行を称しました。 相剋関係で互いに助け互いに反した関係の中木剋土、土剋水、水剋火、金剋木で成り立っているという説なのです。この関係は切ることが出来ないので、生が無ければ発生と発展がない。剋がなければ正常な協力ができない関係になるのです。 木は火を生かし、火は土を生かし、土は金を生かし、金は水を生かし、水は木を生かす。この関係を「相生(そうしょう)」と言われています。そして、反対に木は土を破り、土は水を破り、水は火を破り、火は金を破り、金は木を破ります。この関係を「相剋(そうこく)」と言われています。どこかで見た字だなと思ったあなた、2年前の千葉ロッテマリーンズの里崎選手がインタビューで言った下剋上の「剋」を使っています。 ちょっと、分かりにくいかと思いますが中医学の考え方の奔りを書かせていただきました。 結局、偏った考え方ではなく生き方も医療もバランスを重視するのが中医学なのです。 決して今の西洋医学がすべて良いとは思っていない方も多いと思います。だから私たちも東洋医学と西洋医学の良い所をバランスよく使うのが良い方法だと思いませんか・・・。

自然と医学との調和を目指す

banner 自然と健康の調和
banner 安心の医学と大切な家族
banner 最新医療技術とこころの調和

相互リンク:内職 アルバイト

・医学者には英語が必要!子供の頃からオンライン英会話の効果で将来安定を。
・ちょっとしたお小遣いならチャットレディのノンアダで安心アルバイト♪
・密かに使ってる方、急増中の車査定ガイドを知ってますか?
・首イボの悩みもコチラから~ ぽろぽろとれる杏ジェルの効果を紹介しているサイトをご紹介。女性のあこがれのつる肌を目指すなら杏ジェルがおすすめですよ。口コミや評判が掲載されているのでぜひ参考にしてみてください。